人気ブログランキング |

荒木珠奈 新作展 El Otro Lado/The Other Side @美術待合室

住宅街にある小さな医院の待合室で開催する展覧会と関連企画のご案内です。
b0180796_11122144.jpg
b0180796_11185429.jpg

会期:201974()97()

会場:美術待合室 中野医院内(〒158-0086 世田谷区尾山台3-7-13、東急大井町線尾山台駅より徒歩4分)

交通案内→https://www.nakano-iin.net/blank-5

時間:午前9:0012:00/午後2:306:00

休み:木・日・祝日、土曜午後、8612

*上記の診療時間帯に、診察を受けなくても待合室の展示をご覧いただけます。受付でスタッフに一言、作品鑑賞の旨お声がけください。また芳名帳にお名前をお書きください。

▶◀ 開室日▶◀

74日(木)12:0021:00

721日(日)11:002000

医院の休診日に作家が在室しています。開室日のみご覧いただける、近作・旧作の銅版画の展示もございます。お気軽にいらしてください。


*好評の薬膳レクチャーについては待合室ウェブサイト・SNSをご確認ください。



荒木珠奈 新作展 El Otro Lado/The Other Side によせて

2012年より移民の街ニューヨークで、一移民として暮らしています。

以前はメキシコに住んでいた事もあり、トランプ政権のアメリカ-メキシコ国境の壁建設計画や、主に中米からの移民キャラバンが国境に押し寄せたことでも注目を集めた移民問題には関心を持ってきました。今も、一人で国境を越えたり、親と引き離された子供が12,000人以上収容施設にいるそうです。

 新たにどんな壁を建設しても、麻薬や密入国者を止める抜本的な解決にはならず、本当に困って逃げてきている人だけをさえぎることになるという考え方もあります。

また国境地帯には国立公園や国立蝶保護センターもあり、壮大な自然が広がっています。壁建設は、1500種以上の動植物が影響を受ける自然破壊となると言われています。蝶や鳥は、壁を飛び越えられるだろうと考えられがちですが、低くしか飛ばない種類もあり、彼らにとって壁は生死をおびやかす障害でしかありません。

 1997年のインスタレーション作品「旅の途中」では、メキシコと北米間で渡りをするモナルカ蝶をモチーフに、“旅”がテーマでした。今回の作品では、渡りをする蝶に、生きるために国境を渡り、旅をする人々の姿を重ねています。

荒木珠奈

この度、美術待合室では荒木珠奈の新作展「El Otro Lado/The Other Side」を開催します。

人々の暮らしを揺るがす人災を自身に引き付けて表現をする時、荒木さんはその先のかすかに明るい側面を見いだそうとします。2001年、9.11同時多発テロが起きた後のインスタレーション《Evoke Under a Circle(2003)は、会場を訪れた人が、床に置かれた小さな椅子を頭上に広がる大きな傘の骨組みの様なオブジェに吊り下げる作品でした。幾重にも張り巡らされた絹糸に下がる色とりどりの椅子は、人々が人災によって分断されてもなお、細い糸で確かに結ばれ円環をなしていく、世界/人々との繋がりを想起させました。

今回の作品は、近年のアメリカ-メキシコ国境の壁の建設計画と、それが引き起こす社会問題、その渦中に暮らす作家の日々の肌感に基づき制作されています。新作のタイトルとなった「El Otro Lado」=「エル・オトゥロ・ラド」は、スペイン語で「向こう側」を意味します。大地の色をした蝶は、その羽根に太陽の光や青い空を映しながら旅を続けます。

展示は大小のドローイングと小さな立体、銅版画により構成されます。74日と21日の作家が在室する開室日には、一部、作品の構成を変えた展示となる予定です。自然光の入る空間で、荒木さんの世界観に包まれる時間をお楽しみください。

美術待合室 中野詩



# by arakitamana | 2019-06-22 11:46 | 展覧会

銅版画展 "雨、蛇、虹" @メキシコ、コスメル島

[ Exposición de Grabado "Lluvia, Serpiente y Arcoíris" ]
荒木珠奈版画展  "雨、蛇、虹" コスメル島、メキシコ

@ Museo Extramuros en Galería de Encuentro,Cozumel Q.Roo

Jan4 - Feb18, 2019

Opening Reception : Jan4th 8pm〜


私はこれまでにも、虹と蛇にまつわる神話に興味を持って、作品をつくった事があります 。

今回、コスメル島のマヤの女神Ixchelが、虹と蛇と水に関係が深い神様だと知り、不思議な縁を感じました。

今回の展覧会は、私の銅版画作品の中から主に、蛇、虹、水等のモチーフで選びました。

それに新作2点を加えた、全30点となります。

b0180796_21361188.jpg



# by arakitamana | 2018-12-29 21:29 | 展覧会

コンテンポラリーHANGA 展 ー版画の魅力と新たな世界ー@伊勢丹新宿店

銅版画のグループ展に参加します。

旧作と新作から14点ほど出品しています。


コンテンポラリーHANGA 展
ー版画の魅力と新たな世界ー
9/19(水)〜25(火) 最終日6時終了
伊勢丹新宿店本館5階=アートギャラリー

出品作家:水谷恵、宮本承司、片平菜摘子、瀧千尋、早川純子、根本佳奈、荒木珠奈、佐々木暁子

公開制作

●宮本承司氏(木版画) 19日(水)1時〜4時

●瀧千尋氏(木版画) 22日(土)、23日(日)、24日(月・振替休日)各日1時〜4時

https://www.isetan.mistore.jp/…/shopne…/shopnews0123119.html


b0180796_22551838.jpg
b0180796_22554175.jpg




# by arakitamana | 2018-09-22 22:57 | 展覧会

インプリントまちだ展2018 荒木珠奈 ー記憶の繭を紡ぐー@町田市立国際版画美術館

町田市立国際版画美術館にて開催中! *English below Japanese
b0180796_18362134.jpg

b0180796_18354901.jpg


町田市でかつて盛んであった養蚕をテーマにした新作版画とインスタレーション。
他にも、25年前にメキシコで始めた初期から最近までの銅版画と、立体作品など約60点を展示いたしします。

会場・町田市立国際版画美術館

会期・2018年6/30~9/2 

休館日・毎週月曜日  ※7月16日(月・祝)は開館、翌17日(火)は休館

開館時間・平日 10:00~17:00(入場は16:30まで)
     土日祝 10:00~17:30(入場は17:00まで)

会場・企画展示室2

観覧料・一般800(600)円 大学生・高校生・65歳以上400(300)円

(プレスリリースより)

 荒木珠奈(あらき たまな)は、版画からインスタレーションまで幅広い創作活動をおこなってきたアーティストです。彼女は留学先のメキシコで銅版画の技法を身につけたのち、早くから独自の世界観をもつ作品を発表してきました。

 その中で自身の体験や身近な存在から感じとった生と死をめぐる命のサイクルを、豊かな想像力と丁寧な手仕事によって表現してきた荒木。マチエールを活かした銅版画や、素材の質感をつよく感じさせるインスタレーションは、ときに叙情・叙事性をこえて私たちの生(き)の感覚にうったえかけてくるものが少なくありません。あらゆる感情や感覚が生まれる以前の根源的な何かをゆさぶると同時に、見る者をつつみこむような不思議な魅力をたたえているのです。

 本展では荒木がこれまで制作してきた版画やオブジェなど約60点のほか、町田でも盛んにおこなわれていた「養蚕」に着想を得た新作版画とインスタレーションを公開します。彼女が紡ぎだす作品は忘れかけられた土地の記憶とともに、誰しもがもっている原初の記憶を呼び覚ましてくれることでしょう。


My solo show will be hold in Machida City Museum of Graphic Art,Tokyo Japan.

"Imprint Machida" 2018 -Tamana Araki- Spinning Coccon Memories

Saturday 30 JuneーSunday September 2 2018 


Machida City Museum of Graphic Arts

4-28-1 Haramachida, Machida-shi, Tokyo, 194-0013
Tel.042-726-2771

Basic Infomation







# by arakitamana | 2018-06-05 18:50 | 展覧会

プレ・ワークショップ参加者募集 インプリントまちだ展2018

b0180796_20374615.jpg
b0180796_20365671.jpg


インプリントまちだ展2018の関連企画で、プレ・ワークショップを開催します。

「記憶の繭(まゆ)をつくる」

2018年3月30日(金)午後1:30~4:00 町田市国際版画美術館講堂

絹糸を吐き出し繭をつくる蚕にならって、思い出のつまった繭を作ります。

自分の思い出のある物を持ってきてもらい、毛糸やひもを使ってクルクルと包んでいきます。

5歳から小学6年生までとその保護者が対象。定員18名。

お申し込みは3月12日まで、下記リンク先のメールフォームからできます。

ぜひ、ご参加ください!


⭐︎2018年夏「インプリントまちだ展2018」町田市立国際版画美術館にて開催予定⭐︎


# by arakitamana | 2018-02-15 20:40 | 展覧会とワークショップ

ブログを始めました。

2018年夏「インプリントまちだ展2018」町田市立国際版画美術館にて開催予定の
個展に向けて、ブログを始めました。

新作のプロジェクトとしての蚕の飼育をしました。今のところブログは「かいこ飼育日記」ばかりですが
今後、展覧会や新作のことも書いていきます。








# by arakitamana | 2017-11-06 00:31 | 展覧会

Colors on Paper@MORITAKA

Group show in MORITAKA Art Gallery,Tokyo

告知がオープン後になってしまいましたが、MORITAKAのオープン企画に、旧作の版画を出しています。

MORITAKAは、Gallery Jinの版画その他の作家を引き継ぎ、この10月にオープンする新しいギャラリーです。
どうぞよろしくお願いします。


Colors on Paper
(MORITAKAオープニング企画パート1)

2017 年10月7日 (土) 〜 28日 (土)
 月・火・水曜日休廊
 開廊時間/
  木・金 : 12:00〜17 : 00
  土・日: 12:00〜18 : 00
 ※初日10/7(土)は16:00からオープン
 オープニングレセプション:10月7日(土)17 : 00〜19 : 00
https://www.moritakah.com/exhibitions

 ギャラリーのオープニング企画第一弾といたしまして、版画のグループ展を開催いたします。32点が集まりました!
  是非ご一緒に楽しんでいただきたく、皆様のご来廊をお待ちしております。

出品作家:荒木珠奈、片平菜摘子、酒井一樹、瀧千尋、根本佳奈、早川純子、水谷恵、宮本承司、三好愛、李彦蓁、若木くるみ
Artists:Tamana Araki, Natsuko Katahira, Kazuki Sakai, Chihiro Taki, Kana Nemoto, Junko Hayakawa, Megumi Mizutani, Shoji Miyamoto, Ai Miyoshi, LEE Yenjen, Kurumi Wakaki


# by arakitamana | 2017-10-14 23:07 | 展覧会

Gallery Jin Projectsラストラン_1 「 見果てぬ 夢の また夢 」

Gallery Jinでの最後のグループ展に参加いたします
2017年6月2日(金)~24日(土)
Gallery Jin Projectsラストラン_1 「 見果てぬ 夢の また夢 」
http://galleryjin.com/exhibitions/170602_lastrun1.html
1998年にオープンしたGallery Jinの、最後の二つの展覧会、その第一弾が始まりました。

私も銅版画の新作と、旧作の立体作品「遠野物語」で参加させていただいています。
99年に吉祥寺店で「うち」(100個の鍵を郵送して、100個の箱型の家を開けにきてもらう作品)
を展示させてもらってから、18年にも渡るおつきあいでしたが、とうとう最後の展示になってしまいました。
多様な作家達のよりすぐりが集合します。ゲスト出品で西山美なコさんも。
ぜひ、観にいらしてください!

約2年ぶりに帰国して、24日のクロージングパーティには私も参加いたします。

2017年6月2日(金)~24日(土)
12:00~19:00
月ー水曜日休廊
クロージングパーティ:6/24(土) 午後3時~8時

〒101-0021 
東京都千代田区外神田6-11-143331 Arts Chiyoda 205a
電話&FAX 03-3831-7327
e-mail: info@galleryjin.com

出品作家 : 青木 瞳 、荒木珠奈、笹岡由梨子、Susanna Niederer、額賀苑子、文谷 有佳里、
     増子 博子、桝本佳子、mariane、若木くるみ
ゲスト出品:西山美なコ
+画廊コレクション(髙柳恵里、小野友三、正木隆、佐藤雅晴、大崎のぶゆき、吉賀あさみ、倉本麻弓、播磨みどり、
長塚秀人、小西真奈、小西紀行、山口典子、大坂秩加ほか)
b0180796_18083256.jpg

# by arakitamana | 2017-06-02 18:13 | 展覧会